審美歯科で銀歯をインレーに交換をする

subpage01

金属の被せ物を口内に入れているけれど、その被せ物の色合いの変化を意識していない人は、定期的にメンテナンスを受ける事を心がけてください。

銀歯などの被せ物や詰め物の色合いが悪化してきた時は、ただ見た目が悪くなるだけでなく、雑菌が繁殖しやすくなっている場合もあります。

殺菌が付着しにくい被せ物だとおすすめされたにも関わらず、口臭の原因になってしまい困っているという人は、審美歯科でメンテナンスを受けてみましょう。


審美歯科では銀歯のクリーニングも受け付けており、インレーなどの詰め物の色合いを元通りにする事も可能です。


そろそろ銀歯を新しいものに変えたいと思った人の場合は、銀歯をインレーに取り替えてもらい、歯の色合いを白くするという方法もおすすめできます。

インレーというのは銀歯などの被せ物を取り外してから、樹脂やセラミックのインレーを歯に詰めるという施術に使われる道具です。



銀歯のように頑丈なために、耐久度を心配する必要もありませんし、元々の歯に近い色合いに変えてもらえます。

T-SITEに関するご案内です。

詰め物をしている事が周りにバレるのが嫌だという人でも、インレーであれば気軽に取り付ける事が可能です。
樹脂やセラミックを素材として使っているので、金属アレルギーを発症してしまった人でも問題ありません。
麻酔を使ってから治療を行ってもらえるために、インレーを取り付ける際の痛みも気にならないので、安心して審美歯科に足を運んでみてください。