歯医者さんが使うマイクロスコープ

subpage01

マイクロスコープは顕微鏡のような機械です。


歯科の世界でもこの機器を導入する歯科医院が増えてきています。歯科医院で使われているマイクロスコープは高額な機器なので、現在はまだ5%ほどの歯科医院でしか導入されていません。

自分に合ったT-SITE情報のお得な利用法をお教えします。

根幹治療を専門に行う医院では若干導入率が高くなります。

マイクロスコープの真価が最も反映されるのが歯の根っこの治療、根幹治療だからです。

よく歯医者さんに置いてある子ども向けの虫歯の本や壁に貼ってあるイラストでは歯の神経の管は単純に歯根内にまっすぐ通っていますが、現実の歯の神経は植物の根のように複雑なのです。そんな肉眼では見えない神経の管を目視できることで、根幹治療の成功率は大きく高まります。

神経の取り残しなどがあると治療の直後は問題なく過ごせても、疲れやストレスから体力が落ち、免疫力が下がると普段は抑えている細菌を抑えきれなくなり、痛みが出たり、腫れたりといった症状が現れます。
こうなると痛みを取るために再治療が必要となってきます。



そんなリスクを下げるために根幹治療に力を入れている歯医者さんではスコープを導入していることが多く見られます。

マイクロスコープには保険点数などが設定されていないのでスコープを使った治療は自費診療だけと設定している歯科医院と保険診療でも使用する歯科医院と分かれています。

マイクロスコープは治療の手助けをするツールの一つですが歯医者さんの治療に対する高い意識がそこにあります。